任意整理とは、債権者と債務者との話合

任意整理とは、債権者と債務者との話合いのなかで、金利を引き下げたり、元金のみの返済にしてもらうように頼むという公の機関である裁判所を通すことなく借金減額の対処方法です。おおかたの場合は弁護士や司法書士が債務者の代わりとして話し合いをして、毎月の支払う金額を減少させることにより、完済できる道筋がみえます。

借金の整理のために債務整理をすると、JICCやCICなどの信用情報機関に登録されます。
具体的には「ブラックリスト」に名前が載ってしまいますから、債務整理後、しばらくの期間は各種ローンの審査に通過することが容易ではなくなります。ちなみに、債務整理をするとブラック状態が解消されるまでに5年は必要になります。任意整理の和解にしろ、個人再生や自己破産を行うにしろ、相応の時間がかかるものだと理解しておいてください。たとえば任意整理でしたら、最初に弁護士等に依頼して手続き全般を終えるには、手際よくこなしたとしても最低2ヶ月はかかると思った方が良いですし、状況によっては半年近くかかるケースもないわけではありません。

こうした処理を行っている最中は、借入先側は催促や連絡を一切することができないのですが、強制執行などを求めて訴訟を起こされることはあるようです。

借金を全部なくすのが自己破産制度です。
借金に苦しむ方には有難いものですよね。

ですけど、メリットばかりではありません。もちろん、デメリットもございます。家や車というような財産は全て放棄しなければなりません。

また、約十年間はブラックリストに載る為、新しく借金は出来なくなります。

借金をしている親戚や友人がいて、その保証人になっている場合、債権者から取立てが来たとしても拒否して債務者に支払いを求めるよう促すことが可能です。

ところが、債務者が自己破産や個人再生を行って債務整理をし、支払いの一部または全部を放棄したとなると、未返済の借金分について債権者からの取立てが保証人に対して開始されます。

これに対する拒否権はありませんが、債権者とすり合わせを行って分割払いにできなくはありません。複数の方式に分かれている債務整理ですが、中でも任意整理は裁判所を通さないという特徴があります。

でも、個人再生と自己破産のふたつについては、本人がいくら希望しても裁判所を通さずにはいられません。けれども債務整理を依頼した人間がそう頻繁に裁判所に行く必要はないでしょう。

法律事務所(弁護士事務所)に依頼していれば、自己破産にしろ個人再生にしろ弁護士が債務者の代理人になり、大半の出席、応答、手続き等をしてもらえますから、料金は司法書士よりいくらか高くてもメリットは大きいです。

債務整理するとマイカー資金の借り入れができなくなるんじゃないかと不安を感じる人も少なくありませんが、実際、そのような事はないのです。

ある程度の時間、組めない時期はあるものの、その一定の期間が経過するときちんとローンを組むことができるようになりますから、不安に思うことは何もありません。

以前に債務整理をしたことがあり、さらに債務整理をしたい場合、どうやって最初の債務整理を行ったかにより手続きに差があります。まず、個人再生と自己破産のどちらかを行った人なら、二回目に債務整理ができるようになるのはそれから7年後以降です。他方、任意整理の場合は特に期間の制約は設けられていません。

二回目の債務整理は原則として一回目より許可が下りづらく、その上それが自己破産の場合は、非常に手強くなります。

遺産相続の際などに本来限定承認すべきところを単純承認で相続すると、マイナスのほうが多いといきなり借金の返済が相続人にふりかかってきます。

もっとも、そうなれば債務整理という手段があります。

ここで行われるのは任意整理であって、法律事務所などを通じて債務の金額の減額を交渉します。こういった厄介な状態にならないためにも、相続というのは慎重に行うべきです。債務整理時に必要な費用ですが、どの弁護士や司法書士にお願いするかで変わってきます。任意整理を例に挙げると、債権者1件ごとに基本料金があるうえ、これにプラスして成功報酬(減額が成功した金額の数十パーセント)を支払うことになっています。なお、この基本料金とは固定のケースが多いため、整理される借金の金額があまり大きくない債権者に交渉すると、弁護士などに支払う費用の方が高くなってしまう可能性があります。

Published by