全ての借金をなくすことのできるのが自己破産制度

全ての借金をなくすことのできるのが自己破産制度なのです。借金に苦しむ方には嬉しいものですよね。

しかし、当然メリットばかりではございません。

当然、デメリットもあります。

家や車などの財産は全部放棄してしまわなければなりません。

さらに、およそ10年はブラックリストというものに載る為、新たな借り入れは、行えなくなります。
お金なんて返さなかったらって友達は言うけれど、それは無理だと思って債務整理する事を決意しました。債務をきちんとすれば借金は少なくなりますし、頑張れば返していけると考えたためです。
おかげで日々の生活が楽ちんになりました。

借金がかさんで債務整理を考えていたのですが、家族に発覚することが不安でした。本当は任意整理をして借金を処分したかったのですが、すでに借金がかさんでいましたから個人再生になってしまいました。車は生活仏需品でないということで手放さなければならなかったのですが、住宅を残しておけただけでも嬉しかったですね。
毎月の返済の負担が軽くなりましたし、家族に事実を伝えることができましたから、スッキリした気持ちです。ひとくくりに債務整理と呼ばれても、自己破産、民事再生、任意整理は個々に独自のメリットを持っています。自己破産については借金全てから自由になりゼロからスタートを切れます。

続いて民事再生は住宅ローンは対象外ですがそれ以外の借金について元金の圧縮が可能で、家などの資産は残ったままです。

任意整理ならば債権者との交渉次第で月にいくらずつ返済するかが決まり、その上、取引の際の金利や期間次第で過払い金を返還してもらえる場合もあります。
一部の債権者を除いて債務整理できるのが、任意整理の特徴です。

それゆえ、携帯電話会社を債務整理の対象外に指定すれば、携帯電話を解約せずに済みます。
特に制限なく新規の契約や機種変更も行えるのですが、ローンは組めませんから、携帯電話の機種代金は一括で支払わなければなりません。ですが、携帯料金が未納の状態ならば、この限りではありませんから気を付けてください。

誰かの遺産を相続する際、何も考えずに相続(単純承認)してしまうと、資産より負債のほうが多いときは思いもよらぬ借金を抱え込んでしまいます。でも、そうなれば債務整理という手段があります。

債務整理というと自己破産を連想する人がいますが、通常行われるのは任意整理で、裁判所の決定を待つのではなく、弁護士等を通じて債務そのものはなくせなくても減額できるよう、債権者にお願いするのです。

面倒な状況に巻き込まれないよう、遺産相続の時は安易に手続きしてはいけません。債務整理に必要となるお金は、手段によって大きく変わります。

任意整理の場合であれば、会社の数に応じて安めの料金で利用できる手段もありますが、自己破産の場合のように、かなり高額な料金を必要とする方法もあるのです。自分自身で費用を確認することも必要です。
返済が滞ると督促や取立てが始まりますが、その間に自己破産、個人再生、任意整理などの債務整理を行った場合、債権者に対して弁護士や司法書士から「債務整理の依頼を請け負いました」という内容の書状が送られると、一切の催促、連絡行為は止みます。もし督促や連絡などがあれば違法行為ですので、依頼している司法書士や弁護士にすみやかにその旨を伝えるようにしましょう。
連絡は法律で禁止されています。

債務整理を始めたら相手をする必要はないのですし、この場合は断るのが正当な行為です。

Published by